コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹本座 たけもとざ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竹本座
たけもとざ

義太夫節人形浄瑠璃の代表的劇場。貞享1 (1684) 年竹本義太夫 (筑後掾) が大坂道頓堀に創立。元禄 16 (1703) 年近松門左衛門作『曾根崎心中』の成功で座の基礎を固め,宝永2 (05) 年から1世竹田出雲が座本となり経営面を引受け,筑後掾は座頭 (ざがしら) として活躍。筑後掾死後,1世竹本政太夫 (播磨少掾) が座頭格となり,正徳5 (15) 年近松の『国性爺合戦』で成功。播磨少掾は,豊竹座の派手な東風に対する質実な西風の曲風を確立。延享~寛延期 (44~51) ,2世竹田出雲,並木千柳ら合作による『菅原伝授手習鑑』『義経千本桜』『仮名手本忠臣蔵』などの傑作を続出,人形遣い吉田文三郎の人気と相まって,人形浄瑠璃全盛期を現出した。その後,座内に分裂を生じ,宝暦 (51~64) 以後は衰え,明和4 (67) 年3世の座本竹田文吉のとき中絶,再興されたが永続せずに終った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

竹本座【たけもとざ】

人形浄瑠璃の劇場。竹本義太夫が1684年大坂道頓堀戎(えびす)橋南詰に創設。三味線の竹沢権右衛門,人形遣の辰松八郎兵衛と提携し,近松門左衛門の《出世景清》などの作品を得て発展,1705年経営は竹田出雲に任せ,近松が座付作者,義太夫が専属太夫となり,劇的効果を本位とする座風を形成。
→関連項目義太夫節紀海音菅原伝授手習鑑近松半二豊竹若太夫並木宗輔錦文流人形浄瑠璃本朝廿四孝吉田文三郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たけもとざ【竹本座】

人形浄瑠璃の劇場。竹本義太夫により1684年(貞享1)大坂道頓堀に設立された。1705年(宝永2)竹田出雲を座本に,近松門左衛門を座付作者に迎え,興行界に確固たる位置を占めるようになった。筑後掾(義太夫)没後の危機も,《国性爺合戦》の成功や竹本政太夫(播磨少掾)らの活躍で切りぬけた。近松亡きあと,出雲,松洛,文耕堂ら合作による人形浄瑠璃の名作が,此太夫(筑前少掾),2世政太夫や人形の吉田文三郎らで上演され,豊竹座と競いつつ盛況をきわめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たけもとざ【竹本座】

人形浄瑠璃の劇場。初世竹本義太夫が1684年、大坂道頓堀戎橋えびすばし南詰めに創設。作者に近松門左衛門を迎え、「西の芝居」と称されて隆盛を極め、東の豊竹座とともに人形浄瑠璃の拠点となった。1767年廃座。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竹本座
たけもとざ

人形浄瑠璃(じょうるり)の劇場。初世竹本義太夫(ぎだゆう)(筑後掾(ちくごのじょう))が興行師竹屋庄兵衛(しょうべえ)と提携し、1684年(貞享1)大坂道頓堀(どうとんぼり)に創設、作者に近松門左衛門、人形遣いに辰松(たつまつ)八郎兵衛、三味線に竹沢権右衛門(ごんえもん)らを擁し、浄瑠璃界に新風をおこした。しかし竹田からくり芝居や歌舞伎(かぶき)に押されて経済的には恵まれなかったが、1703年(元禄16)の『曽根崎心中(そねざきしんじゅう)』の大当りで負債を返した。筑後掾が病気引退したのち、1705年(宝永2)初世竹田出雲(いずも)が座本となって経営を引き受け、筑後掾の再出馬を得て興行方針を刷新、傾いた座運を盛り返した。1714年(正徳4)筑後掾の没後、政太夫が2世義太夫(播磨少掾(はりまのしょうじょう))を継ぎ、『国性爺合戦(こくせんやかっせん)』の大成功によって竹本座の確固たる地位を築いた。近松の死後の作者には、座本の出雲、文耕堂、長谷川千四、並木千柳(せんりゅう)、三好松洛(みよししょうらく)ら、人形遣いに吉田文三郎があって、竹本座の隆盛に貢献した。かくて18世紀中ごろ(享保末~宝暦)には人形浄瑠璃全盛期を迎え、『菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)』『義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)』『仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)』などの名作を続々上場して、豊竹(とよたけ)座(1703創設)とともに歌舞伎を圧倒した。当時竹本座のじみな芸風を西風(にしふう)、はでな豊竹座を東風とよんだ。その後、歌舞伎の興隆に押されて衰え、最後の名作者近松半二の努力もむなしく、3世出雲の代の1767年(明和4)に退転、その後一時復興したが続かなかった。[山本二郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の竹本座の言及

【義太夫節】より

…ふつう浄瑠璃を語る太夫1人,三味線1人で演奏するが,掛合といって大勢で演じたり,箏,胡弓,八雲琴や,ツレ弾きの三味線が加わる曲もある。
[歴史]
 1684年(貞享1),竹本義太夫(筑後掾)が大坂道頓堀に竹本座を創設して,独立興行に踏み出したときにはじまる。義太夫は井上播磨掾の系統をひき,宇治加賀掾の技法・曲節を摂取して,人間を語る近世的な浄瑠璃を確立した。…

【竹田出雲】より

…江戸中期の浄瑠璃作者,竹本座座本。出雲の名は大坂道頓堀からくり芝居興行師竹田近江の最初の受領名から出る。…

【竹本義太夫】より

…さらに,京都で人気の宇治嘉太夫(宇治加賀掾)のワキを語る。四条河原での独立興行に失敗,中国筋巡業のあと,1684年(貞享1)道頓堀に竹本座を建てて旗揚げに成功した。翌年,下坂し競演した加賀掾を退け,確固たる地位を築き,1698年(元禄11)正月以前に筑後掾藤原博教を受領した。…

【近松半二】より

…父は伊藤東涯の門人穂積以貫(これつら)。父以貫は儒者ながら大坂の竹本座の文芸顧問をつとめたこともあり,近松門左衛門と親交深く,浄瑠璃評注釈《難波土産》(1738)所載の近松の芸術論(いわゆる〈虚実皮膜(ひにく)の論〉)も以貫の聞書きとされている。半二は青年時は放蕩したと伝えるが,2世竹田出雲(外記)の門に入って竹本座の作者となり,近松に私淑してその姓を名のった。…

【人形浄瑠璃】より

…しかし中世色の濃い説経風の古浄瑠璃,角(かく)太夫節なども民衆の根強い支持を保ち,他方,古典的な優雅な題材を扱いつつ現代風俗をも摂取して浄瑠璃の地位を高めた宇治加賀掾は,近松初期の作品《世継曾我》(1683∥天和3)などを演じ,古浄瑠璃と義太夫節の橋渡し的存在となった。
[近松・義太夫時代――1680年代~1720年代]
 宇治加賀掾のワキをつとめていた竹本義太夫(筑後掾)は1684年(貞享1)大坂道頓堀,現在の浪花座の位置に竹本座を創立,歌舞伎と肩を並べる現代劇としての義太夫節を創始した。義太夫節は,古浄瑠璃に比べ,詞が写実的に語られ,地の文も一字一句詞章に即し綿密に節付けされ,単に優美・哀調・豪快等の情趣を漂わせる以上に,劇的緊張感の醸成に最も注意が払われる。…

【文耕堂】より

…本名松田和吉。享保(1716‐36)ごろの大坂竹本座の作者で,初めは本名の松田和吉で書いたが,1730年2月の《三浦大助紅梅靮(みうらのおおすけこうばいたづな)》(竹本座)からは文耕堂の署名となる。作品は1722年9月の《仏御前扇車(ほとけごぜんおうぎぐるま)》が古く,これは翌年の《大塔宮曦鎧(おおとうのみやあさひのよろい)》とともに,添削者に近松門左衛門の名前があることから,近松に師事していたといわれている。…

【吉田文三郎】より

…浄瑠璃の作者名吉田冠子(かんし)(初世)。竹本座創設期の立役遣い吉田三郎兵衛の子で幼時から父に学び,1717年(享保2)竹本座で初舞台。長じて竹本座の人形遣いの中心となり立役,女方ともに優れた。…

※「竹本座」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

竹本座の関連キーワード切支丹物(吉利支丹物)山崎与次兵衛寿の門松豊竹和泉太夫(初代)丹波与作待夜の小室節富沢藤次郎(初代)竹本錦太夫(初代)吉田文三郎(初代)竹本紋太夫(初代)吉田冠蔵(初代)心中刃は氷の朔日竹沢弥七(初代)吉田才治(初代)竹沢弥七(1世)用明天王職人鑑御所桜堀川夜討信州川中島合戦釈迦如来誕生会近江源氏先陣館鬼一法眼三略巻山本九右衛門

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

竹本座の関連情報