コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠利湾 かさりわん

2件 の用語解説(笠利湾の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕笠利湾(かさりわん)


鹿児島県奄美(あまみ)大島の北東部にある湾。蒲生(がもう)崎と今井(いまい)崎を湾口とする。湾奥は3つの支湾に分かれ、東部に赤木名(あかきな)港がある。湾岸には珊瑚礁(さんごしょう)が発達。湾内では真珠・海藻類の養殖が盛ん。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

笠利湾
かさりわん

鹿児島県奄美(あまみ)大島北東部にある沈水性の湾。湾口部は両側からの岬によって幅が狭いが、湾内は比較的広くなっている。湾内に小岬が二つ突出し、龍郷(たつごう)、赤尾木(あかおぎ)、赤木名(あかきな)の3入り江に分けている。湾内の面積約34平方キロメートル、水深は20メートル内外で、東半部には裾礁(きょしょう)もみられる。笠利半島を含めこの付近は奄美群島国定公園に指定されている。[塚田公彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone