コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠原嘉 かさはら よみし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

笠原嘉 かさはら-よみし

1928- 昭和後期-平成時代の精神医学者。
昭和3年1月26日生まれ。昭和47年名大教授となり,60年同大付属病院長。のち藤田保健衛生大教授。現代青年の無気力状態を退却神経症と名づけ,学生や高学歴サラリーマンの社会不適応に警告を発した。兵庫県出身。京大卒。著作に「アパシー・シンドローム」「軽症うつ病―「ゆううつ」の精神病理」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

笠原嘉の関連キーワード心の病気の症候群アパシー抑圧

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

笠原嘉の関連情報