コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

警告 ケイコク

デジタル大辞泉の解説

けい‐こく【警告】

[名](スル)
よくない事態が生じそうなので気をつけるよう、告げ知らせること。「再三の警告を無視する」「事前に警告する」
柔道の反則で、「技あり」と同等となるもの。禁止事項を犯したり、「注意」が二度目の場合に主審が宣告する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

産学連携キーワード辞典の解説

警告

「警告」は、通常、特許権侵害の紛争解決にあたって、まず侵害者に対して特許権者から行われる。「警告」を行うことによって、特許権侵害を認知させ、ライセンス契約を結んで紛争や訴訟を回避できることもある他、警告後の行為は故意の侵害に該当するため、不当利得返還請求における高額請求が可能になる、また、侵害行為が刑事罰対象となる可能性が高くなるなど、特許権侵害のリスクを高めることができる。

出典|(株)アヴィス産学連携キーワード辞典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

警告

米国の作家パトリシア・コーンウェルの小説(1999)。原題《Black Notice》。「検屍官ケイ」シリーズ第10作。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

けいこく【警告】

( 名 ) スル
不都合な事態にならないように前もって注意を与えておくこと。また、その注意。 「 -を発する」 「立て札で-する」
柔道で、審判が行う反則の宣告の一。禁止事項を犯した度合が、さらに犯せば反則負けとなるとき、または二回目の「注意」を受けたとき宣告される。相手に技有りを取られたのと同じになる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

警告の関連情報