警告

産学連携キーワード辞典「警告」の解説

警告

「警告」は、通常、特許権侵害紛争解決にあたって、まず侵害者に対して特許権者から行われる。「警告」を行うことによって、特許権侵害を認知させ、ライセンス契約を結んで紛争や訴訟を回避できることもある他、警告後の行為故意の侵害に該当するため、不当利得返還請求における高額請求が可能になる、また、侵害行為が刑事罰対象となる可能性が高くなるなど、特許権侵害のリスクを高めることができる。

出典 (株)アヴィス産学連携キーワード辞典について 情報

デジタル大辞泉「警告」の解説

けい‐こく【警告】

[名](スル)
よくない事態が生じそうなので気をつけるよう、告げ知らせること。「再三の警告を無視する」「事前に警告する」
柔道の反則で、「技あり」と同等となるもの。禁止事項を犯したり、「注意」が二度目の場合に主審が宣告する。
[類語]いさめる意見諫言諭す諫死注意説教𠮟責諌止苦言忠言忠告勧告心添えいまし戒めるたしなめるとがめる言い聞かせる言い含める因果を含めるくぎを刺す

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「警告」の解説

けい‐こく【警告】

〙 いましめ告げること。注意すること。
※葬列(1906)〈石川啄木〉「頓狂なる警告は、嘘ではなかった」 〔宋史‐賈昌朝伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android