コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

警告 ケイコク

4件 の用語解説(警告の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けい‐こく【警告】

[名](スル)
よくない事態が生じそうなので気をつけるよう、告げ知らせること。「再三の警告を無視する」「事前に警告する」
柔道の反則で、「技あり」と同等となるもの。禁止事項を犯したり、「注意」が二度目の場合に主審が宣告する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

産学連携キーワード辞典の解説

警告

「警告」は、通常、特許権侵害の紛争解決にあたって、まず侵害者に対して特許権者から行われる。「警告」を行うことによって、特許権侵害を認知させ、ライセンス契約を結んで紛争や訴訟を回避できることもある他、警告後の行為は故意の侵害に該当するため、不当利得返還請求における高額請求が可能になる、また、侵害行為が刑事罰対象となる可能性が高くなるなど、特許権侵害のリスクを高めることができる。

出典|(株)アヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

警告

米国の作家パトリシア・コーンウェルの小説(1999)。原題《Black Notice》。「検屍官ケイ」シリーズ第10作。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

けいこく【警告】

( 名 ) スル
不都合な事態にならないように前もって注意を与えておくこと。また、その注意。 「 -を発する」 「立て札で-する」
柔道で、審判が行う反則の宣告の一。禁止事項を犯した度合が、さらに犯せば反則負けとなるとき、または二回目の「注意」を受けたとき宣告される。相手に技有りを取られたのと同じになる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

警告の関連キーワード裁判外紛争解決手続代替的紛争解決WTOの紛争解決制度実施行為独立の原則独占的通常実施権特許権侵害罪特許権の消尽特許権の消滅判定制度非独占的通常実施権

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

警告の関連情報