笠田(読み)かせだ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

笠田
かせだ

和歌山県北部、伊都(いと)郡かつらぎ町の一地区。旧笠田町。田、加勢田とも書く。紀ノ川北岸にあり、中世には京都神護寺(じんごじ)田荘(しょう)の地。虫除(よ)けに糸巻の(かせ)を置く田の意という。国道24号が通じ、JR和歌山線笠田駅がある。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

笠田の関連情報