コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桛田荘 かせだのしょう

世界大百科事典 第2版の解説

かせだのしょう【桛田荘】

紀伊国伊都郡(現,和歌山県伊都郡かつらぎ町)の荘園。笠田荘とも書く。1147年(久安3)崇徳上皇領として立荘されたが,翌年には収公されて公領にもどったらしい。ついで12世紀後半に平清盛が造進した後白河上皇御願寺,京の蓮華王院(三十三間堂)領となっている。83年(寿永2)神護寺再興に奔走した文覚(もんがく)の強い要請によって,後白河上皇から神護寺に寄進され,翌84年(元暦1)立券された。以後,中世を通じて神護寺領と思われ,神護寺には立券の際に作成されたと推定される著名な桛田荘絵図が伝来する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田荘
かせだのしょう

紀伊(きい)国伊都(いと)郡の紀ノ川と穴伏川に挟まれた荘園。現在の和歌山県伊都郡かつらぎ町西部に位置した。笠田荘とも記す。荘内に古代の萩原(はぎわら)駅の跡地、畿内(きない)の南限とされる妹背山(いもせやま)のうち背山がある。立荘の時期は不明。1147年(久安3)ごろ崇徳院(すとくいん)領、48年に紀伊国司となった源季範(すえのり)に収公されたが、のち蓮華王院(れんげおういん)領となる。1183年(寿永2)10月18日に後白河院(ごしらかわいん)により高雄(たかお)神護寺(じんごじ)に寄進された。文覚(もんがく)の流罪後一時神護寺の手を離れたが、承久(じょうきゅう)の乱(1221)後ふたたび神護寺に安堵(あんど)された。1224年(元仁1)ごろ高野山(こうやさん)領静川(しずかわ)荘との間に相論が起こったが、神護寺は湯浅(ゆあさ)氏の援助により勝訴、以後南北朝ごろまでは神護寺領として続いていた。現在、神護寺とかつらぎ町の宝来山神社に2枚の田荘絵図が残る。絵図の成立年代は神護寺への寄進のときといわれるが不詳。[権平慶子]
『西岡虎之助著『荘園史の研究 下巻』(1933・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android