コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠縫専助(初代) かさぬい せんすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

笠縫専助(初代) かさぬい-せんすけ

?-? 江戸時代中期-後期の歌舞伎作者。
初代桜田治助の門にはいる。天明元年(1781)江戸市村座の立作者となり,「むかし男雪雛形(ゆきのひながた)」で好評を博す。江戸三座で活躍し,寛政9年中村座頭取常磐津(ときわず),長唄にも佳作をのこしている。前名は笠縫米富。俳名は米夫,田社。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

笠縫専助(初代)

生年:生没年不詳
江戸中期の歌舞伎狂言作者。初代桜田治助の弟子。俳名米夫,田社。別名笠縫米富。天明1(1781)年市村座で立作者となり,寛政8(1796)年まで活躍,同9年に中村座の頭取となり,まもなく没したらしい。師匠の桜田風を継いだ作風だったが,特に常磐津,富本,長唄など舞踊曲に優れた作品を残した。代表作は「昔男雪雛形」「隅田川柳伊達衣」,舞踊曲としては常磐津「褄重袷羅衣」,長唄「女夫松高砂丹前」などがある。天保11(1840)年,松島松兵衛(段二)が2代を継いだが,早く没した。3代まであり,文久1,2(1861,62)年の中村座の作者に見えるのは3代であろう。

(安田文吉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

笠縫専助(初代)の関連キーワード桜田治助(2代)伊達競阿国戯場斉馬雪

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android