第一世代天体(読み)だいいちせだいてんたい(英語表記)population III objects

知恵蔵「第一世代天体」の解説

第一世代天体

宇宙誕生後約1億年経過した頃(赤方偏移30に相当)、宇宙における第一世代天体(第一世代星)が形成されたと考えられている。太陽の100万倍の質量を持つガス雲の中で、誕生すると考えられている星で、質量は太陽の数倍から数百倍。現在の観測施設では、暗すぎて観測できない。赤方偏移が大きいので、将来の赤外線観測で検出されると期待される。NGSTELTの重要な研究対象の1つとして着目されている。

(谷口義明 愛媛大学宇宙進化研究センターセンター長 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android