コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第二信号系 ダイニシンゴウケイ

2件 の用語解説(第二信号系の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

だいに‐しんごうけい〔‐シンガウケイ〕【第二信号系】

パブロフが人間の言語機能を条件反射の視点から呼んだ言い方。直接経験による条件反射を第一信号系というのに対し、第一信号系を基礎にことばによって間接的に学習する言語条件反射をいう。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

だいにしんごうけい【第二信号系】

パブロフの条件反射理論で、人間の言語がもつ「信号の信号」としての体系的性格をいう語。(梅干しを見ると唾液が分泌されるという)条件反射において、(梅干しを見るという感覚的な)条件刺激(第一信号系)は無条件刺激(梅干しの酸味)の信号と見なされるが、さらに「梅干し」という言葉は梅干しを見るという条件刺激を指示する信号であるとするもの。 → 条件反射

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone