コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第四権力 ダイヨンケンリョク

2件 の用語解説(第四権力の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

だいよん‐けんりょく【第四権力】

ジャーナリズムのこと。国家三権である立法司法行政に次ぐ影響力をもつことから。→第四階級2

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の第四権力の言及

【第四階級】より

…新聞に対する別称。第四権力ともいい,今日では広くマス・メディア一般を指す。E.バークまたはマコーレーThomas B.Macaulay(1800‐59)の言葉といわれ,新聞がその社会的影響力の増大により,貴族,僧職,市民の3階級につぐ第4の社会的勢力になったことを意味した。…

※「第四権力」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone