笹櫓(読み)ササヤグラ

大辞林 第三版の解説

ささやぐら【笹櫓】

〔ささやかな櫓の意〕
江戸時代、官許の江戸三座以外の芝居。小芝居。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ささ‐やぐら【笹櫓】

〘名〙 江戸時代、表に櫓を上げることが許されなかった小規模の劇場。官許の江戸三座以外の芝居。小芝居。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の笹櫓の言及

【歌舞伎】より

… これら常設的な大劇場(町奉行の支配を受けた)のほかに,宮地や社地には寺社奉行の支配下にある小芝居が数多く存在した。これらを〈笹櫓〉〈宮地芝居〉〈百日芝居〉などと称する。 興行の機構は,江戸と上方とでは違いがあった。…

【櫓】より

…この控櫓(〈仮櫓〉ともいう)に対して江戸三座を〈本櫓〉(〈元櫓〉ともいう)と呼んだ。官許の常設劇場以外の宮地芝居を〈笹櫓〉と呼んだ。櫓の下に掲げた看板は〈櫓下看板〉といい,人形浄瑠璃でもここに一座を代表する芸人の名を記した〈櫓下看板〉を掲げた。…

※「笹櫓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android