コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大芝居 オオシバイ

デジタル大辞泉の解説

おお‐しばい〔おほしばゐ〕【大芝居】

規模の大がかりな芝居。また、名優が多く出演する芝居。
目的を遂げるために、運を天にまかせて行う、人目を欺くはかりごと。「大芝居を打つ」
江戸時代、幕府公許劇場。江戸では、中村市村森田(のちに守田)の三座。→小芝居(こしばい)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おおしばい【大芝居】

ある目的を達成するために行う、いちかばちかの企て。 「一世一代の-を打つ」
江戸時代、幕府が公許した劇場。江戸では中村・市村・森田(のちに守田)の三座。また、その劇場で行われた芝居。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

大芝居の関連キーワード中村吉右衛門(旧・初代)塩屋九郎右衛門(初代)実川 延三郎(5代目)琴平町立歴史民俗資料館坂東 寿三郎(2代目)山村儀右衛門(2代)桐野谷権十郎(初代)片岡仁左衛門(8代)香川県仲多度郡琴平町桐野谷権十郎(3代)沢村源之助(4代)鎌倉長九郎(2代)沢村田之助(2代)坂田半五郎(初代)嵐富三郎(2代)中村友三(2代)都万太夫(初代)浅尾与六(初代)藤川友吉(初代)中山来助(初代)

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大芝居の関連情報