大芝居(読み)オオシバイ

デジタル大辞泉の解説

おお‐しばい〔おほしばゐ〕【大芝居】

規模の大がかりな芝居。また、名優が多く出演する芝居。
目的を遂げるために、運を天にまかせて行う、人目を欺くはかりごと。「大芝居を打つ」
江戸時代、幕府公許劇場。江戸では、中村市村森田(のちに守田)の三座。→小芝居(こしばい)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおしばい【大芝居】

ある目的を達成するために行う、いちかばちかの企て。 「一世一代の-を打つ」
江戸時代、幕府が公許した劇場。江戸では中村・市村・森田(のちに守田)の三座。また、その劇場で行われた芝居。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大芝居の関連情報