コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筈高 ハズダカ

デジタル大辞泉の解説

はず‐だか【×筈高】

[名・形動ナリ]箙(えびら)に入れて背負った矢の矢筈が高く現れて見えること。また、そのように背負うさま。
「たかうすべ尾の矢三十六指いたるを、―に負ひなし」〈太平記・九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はずたか【筈高】

( 名 ・形動ナリ )
えびらに入れた矢の矢筈が頭上高く突き出ている・こと(さま)。強弓つよゆみの勇士を形容する際しばしば用いる語。 「たかうすべ尾の矢三十六指いたるを-に負ひなし/太平記 9

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android