コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

等ポテンシャル面 とうポテンシャルめんequipotential surface

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

等ポテンシャル面
とうポテンシャルめん
equipotential surface

三次元空間において,あるベクトル場 A のポテンシャル φ が一定であるような点の軌跡は曲面となる。ただし A=-gradφ である。この面を等ポテンシャル面という。二次元空間では,等ポテンシャル面は曲線になるから,等ポテンシャル線という。 A が静電場 E であるとき,等ポテンシャル面は等電位面となる。 E は等電位面に常に垂直になっている。また,φ の値を等間隔にした等電位面をいくつも描けば,面が密集しているところほど,E の値は大きくなっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の等ポテンシャル面の言及

【ポテンシャル】より

…あるいは,地図の等高線のように表したのが図のbである。等高線は,実際の三次元空間では面となるので,等ポテンシャル面と呼ばれる。図のbでは,そのz=0の切口が同心円として現れているのである。…

※「等ポテンシャル面」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

等ポテンシャル面の関連キーワードポテンシャルロシュローブ月(衛星)ジオイド重力測量水準面水平面電場

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android