コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

等伯(とうはく)

4件 の用語解説(等伯(とうはく)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

等伯(とうはく)

安部龍太郎の小説。安土桃山時代江戸時代初期の画家、長谷川信春(しんしゅん)(等伯)の生涯を描く。2012年刊行。同年、第148回直木賞受賞。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

とうはく【等伯】

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の等伯(とうはく)の言及

【長谷川等伯】より

…1583年ころ大徳寺総見院の障壁画,次いで同三門の天井・柱絵を制作。このころから等伯と改号,同三玄院の《山水図襖》(円徳院・楽家)では,大徳寺に残る宋元画や真珠庵の曾我派の襖などに対する研鑽から,独特の余白造成と真行草の使い分けに成功し,水墨画を近世的意匠に高めた。この方向から,50~60歳代にかけて,《松林図屛風》(東京国立博物館),《老松図襖》(金地院),《猿猴(えんこう)竹林図屛風》(相国寺),《枯木猿猴図》(竜泉庵)などの水墨画の傑作が生まれた。…

※「等伯(とうはく)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone