等伯(とうはく)

世界大百科事典内の等伯(とうはく)の言及

【長谷川等伯】より

…1583年ころ大徳寺総見院の障壁画,次いで同三門の天井・柱絵を制作。このころから等伯と改号,同三玄院の《山水図襖》(円徳院・楽家)では,大徳寺に残る宋元画や真珠庵の曾我派の襖などに対する研鑽から,独特の余白造成と真行草の使い分けに成功し,水墨画を近世的意匠に高めた。この方向から,50~60歳代にかけて,《松林図屛風》(東京国立博物館),《老松図襖》(金地院),《猿猴(えんこう)竹林図屛風》(相国寺),《枯木猿猴図》(竜泉庵)などの水墨画の傑作が生まれた。…

※「等伯(とうはく)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

等伯(とうはく)の関連情報