安部龍太郎(読み)あべりゅうたろう

知恵蔵mini「安部龍太郎」の解説

安部龍太郎

小説家。1955年6月20日、福岡県生まれ。東京都大田区役所に就職し、図書館司書として勤務しながら各紙の新人賞に応募を続け、87年に『師直の』でデビュー。90年に発表した『の日本史』で注目を集め、94年には『彷徨える』が第111回直木賞候補となった。2005年、『天馬、翔ける』で第11回中山義秀文学賞受賞。13年には、安土桃山時代から江戸時代初期にかけて活躍した絵師長谷川信春(等伯)の生涯を描いた『等伯』で第148回直木賞を受賞した。このほか、『関ヶ原連判状』『信長燃ゆ』など多数。

(2013-1-17)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「安部龍太郎」の解説

安部龍太郎 あべ-りゅうたろう

1955- 昭和後期-平成時代の歴史小説家。
昭和30年6月20日生まれ。東京都大田区役所に勤務し,図書館司書などをつとめながら小説をかきつづけ,「師直の恋」で作家デビュー。平成17年「天馬、翔ける」で中山義秀文学賞。25年2度目の候補作となった「等伯」で直木賞を受賞。福岡県出身。久留米高専卒。著作はほかに「血の日本史」「彷徨える帝」「関ヶ原連判状」「信長燃ゆ」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android