コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安部龍太郎 あべりゅうたろう

2件 の用語解説(安部龍太郎の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

安部龍太郎

小説家。1955年6月20日、福岡県生まれ。東京都大田区役所に就職し、図書館司書として勤務しながら各紙の新人賞に応募を続け、87年に『師直の恋』でデビュー。90年に発表した『血の日本史』で注目を集め、94年には『彷徨える帝』が第111回直木賞候補となった。2005年、『天馬、翔ける』で第11回中山義秀文学賞を受賞。13年には、安土桃山時代から江戸時代初期にかけて活躍した絵師・長谷川信春(等伯)の生涯を描いた『等伯』で第148回直木賞を受賞した。このほか、『関ヶ原連判状』『信長燃ゆ』など多数。

(2013-1-17)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安部龍太郎 あべ-りゅうたろう

1955- 昭和後期-平成時代の歴史小説家。
昭和30年6月20日生まれ。東京都大田区役所に勤務し,図書館司書などをつとめながら小説をかきつづけ,「師直の恋」で作家デビュー。平成17年「天馬、翔ける」で中山義秀文学賞。25年2度目の候補作となった「等伯」で直木賞を受賞。福岡県出身。久留米高専卒。著作はほかに「血の日本史」「彷徨える帝」「関ヶ原連判状」「信長燃ゆ」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

安部龍太郎の関連キーワード小林蹴月大道珠貴多岐川恭堤千代長谷健氷室冴子藤原智美残留孤児・婦人訴訟判決佐々木禎子林逸馬

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安部龍太郎の関連情報