等厚干渉(読み)とうこうかんしょう(英語表記)interference of equal thickness

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

単色平行光線を透明な薄板に入射させ,それを通過または反射した光を使って薄表面を結ばせると,薄板の両面での反射光,屈折光が互いに干渉を起す。互いに強め合うか,弱め合うかの条件はその薄板の厚さによって異なる。薄板の厚さが場所によって違うときはそれに応じて明暗ができる。このように干渉縞の明暗が,干渉を起すものの厚さに依存するような干渉を等厚干渉という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android