コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

等角投影図 トウカクトウエイズ

デジタル大辞泉の解説

とうかく‐とうえいず〔‐トウエイヅ〕【等角投影図】

立体の縦・横・高さの三軸が180度の等角で交わっているように見える方向に投影した図。三軸とも長さが約80パーセントに縮小される。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とうかくとうえいず【等角投影図】

投影図の一。互いに直交する三軸を120度ずつの等角で交わっているように見る方向から投影した図。等軸側投影図。
地球上の角度を正確に表現している地図。平射図法やメルカトル図法などで描く。海図や航空図などに用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

等角投影図の関連キーワード傷害保険オーバーヘッドアプローチ経度干渉縞ターンタイプ時効来栖けい円谷祐奈傷害特約ヘロディアヌス

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone