コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

等誉 とうよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

等誉 とうよ

?-? 戦国時代の画僧。
和泉(いずみ)(大阪府)堺(さかい)の浄土宗安養寺の僧。雪舟等楊(せっしゅう-とうよう)にまなんで,鍾馗(しょうき)の図や雑画をえがいた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

等誉の関連キーワード戦国時代長谷川派画僧

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android