コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筑紫葛子 つくしの くずこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

筑紫葛子 つくしの-くずこ

?-? 6世紀前半の豪族。
父は筑紫国造(くにのみやつこ)磐井(いわい)。「日本書紀」によれば,継体天皇22年(528)父が朝廷の派遣した物部麤鹿火(もののべの-あらかひ)の軍に討たれると,父の罪に連座することをおそれ,糟屋屯倉(かすやのみやけ)を献上して死罪をまぬかれようとした。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android