コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筑紫葛子 つくしの くずこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

筑紫葛子 つくしの-くずこ

?-? 6世紀前半の豪族。
父は筑紫国造(くにのみやつこ)磐井(いわい)。「日本書紀」によれば,継体天皇22年(528)父が朝廷の派遣した物部麤鹿火(もののべの-あらかひ)の軍に討たれると,父の罪に連座することをおそれ,糟屋屯倉(かすやのみやけ)を献上して死罪をまぬかれようとした。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android