コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磐井 いわい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

磐井 いわい

?-528 6世紀前半の豪族。
筑紫国造(くにのみやつこ)として北九州最大の勢力をほこる。継体天皇21年(527)朝廷が朝鮮半島への出兵をくわだてたとき,新羅(しらぎ)(朝鮮)と通じて大規模な反乱をおこした。22年11月,朝廷の派遣した物部麤鹿火(もののべの-あらかひ)の軍とたたかって敗死したという。石井ともかき,筑紫磐井ともいう。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の磐井の言及

【磐井の乱】より

…故,物部荒甲(あらかひ)の大連,大伴金村の連二人を遣わして,石井を殺したまひき〉と記す。《日本書紀》の記すところでは,継体21年(527)6月に近江毛野が6万の軍を率い,任那に赴き新羅に破られた南加羅・己呑(とくことん)を復興しようとしたとき,かねて反乱の機をうかがっていた筑紫国造の磐井が,新羅の貨賂をうけ火・豊2国に勢力を張って毛野の軍を遮断したので,天皇は大伴金村,物部麁鹿火,許勢男人らに征討を命じた。翌年11月に至って,大将軍の麁鹿火がみずから磐井と筑紫の御井郡で交戦し,ついにこれを斬ることをえた。…

【岩戸山古墳】より

…石人石馬はおもに九州西部に分布するが,岩戸山古墳のそれは,多種多数にわたる点で,群を抜く。《筑後国風土記》が詳述する,上妻県(かみつやめあがた)の筑紫君磐井の墳墓には,岩戸山古墳をあてるのがふさわしい。磐井が528年(継体22)に誅せられたおり,石人石馬が打ちこわされたという。…

【糟屋屯倉】より

…《日本書紀》継体22年(528)12月条にみえるみやけ。それによると,527年,筑紫国造磐井(いわい)が反乱をおこしたが,大将軍物部麁鹿火(あらかひ)によって528年11月に討伐された。その子の葛子が,父に連座して誅せられることをおそれて,死罪を贖うためにこのみやけを献上したという。…

【石人石馬】より

…ほかに鳥取県石馬ヶ谷(いしうまがたに)古墳にある石馬(角セン安山岩製)を,特例としてこのうちにふくめる。 《筑後国風土記》には,筑紫君磐井(いわい)が生前に作った墓について,石人・石盾各60枚を交互に立てならべて四面をとりまくこと,また墓の北東に設けた別区にも石人を配置し,役人が立っている前方に盗人が裸で地に伏して,盗んだ石猪4頭がそばにある情景をあらわすほか,石馬3疋,石殿3間,石蔵2間もあるなどと記している。さらに磐井をとり逃がした兵士が,怒って石人の手や石馬の頭を打ち落としたとも記す(磐井の乱)。…

※「磐井」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

磐井の関連キーワード物部麤鹿火(もののべのあらかい)福岡県八女市吉田奥州いわいどり物部あら鹿火常磐井 武季アイオン台風花泉〈町〉佐藤 秀蔵花泉[町]岩戸山古墳小川 武美奥の都どり室根小富士物部麁鹿火小山文三郎及川掃部安倍保定熊谷伊助松川東山国分元杏

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

磐井の関連情報