コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糟屋屯倉 かすやのみやけ

1件 の用語解説(糟屋屯倉の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かすやのみやけ【糟屋屯倉】

日本書紀》継体22年(528)12月条にみえるみやけ。それによると,527年,筑紫国造磐井(いわい)が反乱をおこしたが,大将軍物部麁鹿火(あらかひ)によって528年11月に討伐された。その子の葛子が,父に連座して誅せられることをおそれて,死罪を贖うためにこのみやけを献上したという。贖罪のための献上というのは倭政権側の立場からの潤色の可能性が強く,現実には,磐井との戦いに勝利した倭政権が,残存勢力を押さえてみずからの支配を強化するために,筑紫君の支配領域内の東部地域に設定したものと考えるべきであろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

糟屋屯倉の関連キーワード日本書紀書紀日本書紀通釈日本書紀通証筑紫葛子彦主人王広媛(1)広媛(2)目子媛荑媛

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone