コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

篠懸草 すずかけそう

大辞林 第三版の解説

すずかけそう【篠懸草】

ゴマノハグサ科の多年草。江戸時代に園芸植物として知られ、現在は岐阜県の一部に自生状態のものが見られる。全体に軟毛があり、茎は細く、長卵形の葉を互生。秋、葉腋ようえきに球形で濃紫青色の短い花穂をつける。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

篠懸草 (スズカケソウ)

学名:Veronicastrum villosulum
植物。ゴマノハグサ科多年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

篠懸草の関連キーワード園芸植物江戸時代岐阜県葉腋互生球形

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android