コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

篠田義彦 しのだ よしひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

篠田義彦 しのだ-よしひこ

1889-1945 明治-昭和時代前期の技術者。
明治22年2月12日生まれ。38年独学で発電機をつくる。40年郷里の岐阜県芥見村(岐阜市)に篠田電機工場を創設し,2kWの水力発電に成功。文相小松原英太郎に評価されたのをきっかけに,近県や山陰・四国地方から発電所建設の依頼,相談をうけた。昭和20年8月1日死去。57歳。岐阜中学卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

篠田義彦の関連キーワード内閣総理大臣原子爆弾投下対日占領政策ミネリ(Vincente Minnelli)森鴎外広島(市)神戸(市)近・現代ラテンアメリカ史(年表)イギリス映画ディープ・パープル

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android