相談(読み)そうだん

精選版 日本国語大辞典「相談」の解説

そう‐だん サウ‥【相談】

〘名〙 どうするかを決めるために話し合うこと。話し合い。談合(だんごう)
※九暦‐逸文・天暦一〇年(956)二月一三日「二献以後行罸酒、弁進退相談事
太平記(14C後)四「其間に具行卿相談して、綸旨を申し下だし」
[補注]「万葉‐六六七」の左注に見える「相談」は「あひかたらふ」で互いに語り合う

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「相談」の解説

そう‐だん〔サウ‐〕【相談】

[名](スル)問題の解決のために話し合ったり、他人の意見を聞いたりすること。また、その話し合い。「相談がまとまる」「相談に乗る」「友人に相談する」「身の上相談
[類語]会議審議会談会合ミーティング集会寄り合い集まり座談会集いまどい団欒討論討議謀議密議衆議シンポジウムディスカッションパネルディスカッションフォーラムフォーラムディスカッションディベート話し合い打ち合わせ下相談談合合議協議商議評議評定ひょうじょう鳩首きゅうしゅ凝議ぎょうぎ内談示談用談来談商談額を集める膝を交える話し合う打ち合わせる(―する)はかはからう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android