山陰(読み)さんいん

精選版 日本国語大辞典「山陰」の解説

さん‐いん【山陰】

[1] 〘名〙 山の北側。また、山の、日の当たらない側面。やまかげ
※江吏部集(1010‐11頃)下・三月三日夜於員外藤納言文亭守庚申同賦桃浦落船花詩序「山興之人。更迷絳雪於帰路者歟」 〔王羲之‐蘭亭集序〕
[2]
[一] 中国の秦代以来、浙江省北部にあった県名。中華民国成立後、会稽県と合併して紹興県となった。〔漢書‐地理志上〕

やま‐かげ【山陰】

〘名〙
① 山のために陰になること。また、その場所。山に包まれた所。山ぎわのところ。山のかげ。
万葉(8C後)三・三七五「吉野なる夏実の川淀そ鳴くなる山影(やまかげ)にして」
② 香木の名。龍田(たつた)異称

せん‐おん【山陰】

(「せん」「おん」はそれぞれ「山」「陰」の呉音。連声で「せんのん」とも) 「せんおんどう(山陰道)」の略。
※太平記(14C後)一四「山陰(センヲン)山陽(せんやう)両道より責め上るべき由承り及び候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の山陰の言及

【山陰地方】より

中国山地の北側,日本海に面する地方をいい,狭義には鳥取・島根両県を,広義では京都府や兵庫・山口両県の北部を含む。名称は古代の地方行政区画,五畿七道の一つである山陰道に由来し,旧丹波,丹後,但馬,因幡,伯耆,出雲,石見,隠岐の8ヵ国を指す。古代出雲は日本でも最も早く開けた地方の一つで,銅鐸39個が一括埋納されていた島根県大原郡の〈加茂岩倉遺跡〉の謎は測り知れない。…

※「山陰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android