簡にして要を得る(読み)カンニシテヨウヲエル

  • かん
  • に して要(よう)を得(え)る
  • 簡(かん)にして要(よう)を◦得る

精選版 日本国語大辞典の解説

簡単であって、要領を得ている。
※比興詩を論ず(1905)〈角田浩々歌客〉一「賦比興の三義に至りては、〈略〉簡にして要を得たりと認む」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android