簡にして要を得る(読み)カンニシテヨウヲエル

大辞林 第三版の解説

かんにしてようをえる【簡にして要を得る】

簡単でしかも要領を得ている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かん【簡】 に して要(よう)を得(え)

単であって、要領を得ている。
※比興詩を論ず(1905)〈角田浩々歌客〉一「賦比興の三義に至りては、〈略〉簡にして要を得たりと認む」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

簡にして要を得るの関連情報