籠脱け詐欺(読み)カゴヌケサギ

デジタル大辞泉の解説

かごぬけ‐さぎ【籠脱け詐欺】

関係のない建物を利用し、そこの関係者のように見せかけて相手を信用させ、金品を受け取ると相手を待たせておき、自分は建物の裏口などから逃げる手口詐欺

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる