米搗虫/叩頭虫(読み)コメツキムシ

デジタル大辞泉の解説

こめつき‐むし【米×搗虫/叩虫】

甲虫目コメツキムシ科の昆虫の総称。樹上にすみ、体は紡錘形で平たい。あおむけにすると背を地面に打ちつけて跳ね上がる。また、体を押さえると人が米をつくように頭胸部を振り動かす。幼虫針金虫(はりがねむし)とよばれる。サビキコリ・ウバタマコメツキ・クシコメツキなど。ぬかずきむし。こめふみむし。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こめつきむし【米搗虫】

コメツキムシ科の甲虫の総称。細長く、体長2~70ミリメートル。あおむけに置くと前胸を急に腹の方に曲げてはね上がる。幼虫は植物の根を食害するが、食虫性のものもある。コメフミムシ。ヌカズキムシ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android