コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米搗虫/叩頭虫 コメツキムシ

デジタル大辞泉の解説

こめつき‐むし【米×搗虫/叩虫】

甲虫目コメツキムシ科の昆虫の総称。樹上にすみ、体は紡錘形で平たい。あおむけにすると背を地面に打ちつけて跳ね上がる。また、体を押さえると人が米をつくように頭胸部を振り動かす。幼虫針金虫(はりがねむし)とよばれる。サビキコリ・ウバタマコメツキ・クシコメツキなど。ぬかずきむし。こめふみむし。 夏》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こめつきむし【米搗虫】

コメツキムシ科の甲虫の総称。細長く、体長2~70ミリメートル。あおむけに置くと前胸を急に腹の方に曲げてはね上がる。幼虫は植物の根を食害するが、食虫性のものもある。コメフミムシ。ヌカズキムシ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

米搗虫/叩頭虫の関連キーワードひたい(額)米搗き飛蝗米搗き体長甲虫

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android