コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

針金虫 ハリガネムシ

デジタル大辞泉の解説

はりがね‐むし【針金虫】

線形虫綱ハリガネムシ目の袋形動物の総称。体長10~40センチ、時に1メートルを超え、体幅約1ミリで、黒褐色。幼虫は水生昆虫やカマキリの体内に寄生し、成熟すると脱出して淡水中で自由生活をする。
コメツキムシ類の幼虫。体は細長い円筒形で、光沢のある褐色。土中にすみ、麦・サツマイモなどの根を食害する。あしまき。
[補説]書名別項。→ハリガネムシ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はりがねむし【針金虫】

線形虫綱ハリガネムシ目に属する袋形動物の総称。体は針金のように著しく細長く、体長数センチメートル~1メートル。水中で孵化した幼虫は水生昆虫に寄生し、宿主がカマキリなどに食われるとその体内に寄生して成虫となる。成虫はやがて宿主から脱出して水中に入り、交尾・産卵する。日本では10種あまりが知られる。
コメツキムシ科の甲虫の幼虫の総称。体長は3センチメートルくらい。細長い円筒形で淡褐色。地中や木の幹などで生活する。農作物の根を食害するものがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android