コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

針金虫 ハリガネムシ

デジタル大辞泉の解説

はりがね‐むし【針金虫】

線形虫綱ハリガネムシ目の袋形動物の総称。体長10~40センチ、時に1メートルを超え、体幅約1ミリで、黒褐色。幼虫は水生昆虫やカマキリの体内に寄生し、成熟すると脱出して淡水中で自由生活をする。
コメツキムシ類の幼虫。体は細長い円筒形で、光沢のある褐色。土中にすみ、麦・サツマイモなどの根を食害する。あしまき。
[補説]書名別項。→ハリガネムシ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はりがねむし【針金虫】

線形虫綱ハリガネムシ目に属する袋形動物の総称。体は針金のように著しく細長く、体長数センチメートル~1メートル。水中で孵化した幼虫は水生昆虫に寄生し、宿主がカマキリなどに食われるとその体内に寄生して成虫となる。成虫はやがて宿主から脱出して水中に入り、交尾・産卵する。日本では10種あまりが知られる。
コメツキムシ科の甲虫の幼虫の総称。体長は3センチメートルくらい。細長い円筒形で淡褐色。地中や木の幹などで生活する。農作物の根を食害するものがある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

針金虫
はりがねむし

コメツキムシ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

針金虫 (ハリガネムシ)

動物。ハリガネムシ目の総称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

針金虫の関連キーワードカマキリ線形動物袋形動物水生昆虫米搗虫淡褐色農作物D交尾動物甲虫幼虫宿主成虫体長水中

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

針金虫の関連情報