コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米津氏 よねきづうじ

1件 の用語解説(米津氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

よねきづうじ【米津氏】

近世大名。三河国の出身。1666年(寛文6)までは5000石知行の旗本。田盛(たもり)は大坂定番任命を機に,1万5000石に加増され大名となる。その子政武のとき3000石を分知,陣屋を武州久喜に置く。99年(元禄12)分知により1万1000石。1798年(寛政10)羽州長瀞へ移封。さらに明治に至り,上総大網,常陸竜崎へ移された。当主は従五位下出羽守,伊勢守などに叙任。政武が寺社奉行となったほか,大坂定番就任者を出す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

米津氏の関連キーワード火災保険大老宇和島城深良用水荻生徂徠御伽婢子訓蒙図彙古今類句新利根川人間嫌い

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone