コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米津氏 よねきづうじ

世界大百科事典 第2版の解説

よねきづうじ【米津氏】

近世大名。三河国の出身。1666年(寛文6)までは5000石知行の旗本。田盛(たもり)は大坂定番任命を機に,1万5000石に加増され大名となる。その子政武のとき3000石を分知,陣屋を武州久喜に置く。99年(元禄12)分知により1万1000石。1798年(寛政10)羽州長瀞へ移封。さらに明治に至り,上総大網,常陸竜崎へ移された。当主は従五位下出羽守,伊勢守などに叙任。政武が寺社奉行となったほか,大坂定番就任者を出す。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

米津氏の関連キーワード久喜藩

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android