コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大森 おおもり

14件 の用語解説(大森の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大森
おおもり

秋田県南東部,横手市北西部の旧町域。横手盆地の西部に位置する。 1901年町制。 1955年八沢木村と合体。 1956年川西村を編入。 2005年横手市,増田町,平鹿町,雄物川町,十文字町,山内村,大雄村の7市町村と合体して横手市となった。主産業は雄物川沖積地での米作と,笹森丘陵での野菜や果樹の栽培。保呂羽山 (ほろわさん。 438m) にある波宇志別神社 (はうしわけじんじゃ) の霜月神楽は国の重要無形民俗文化財。

大森
おおもり

千葉県北部,利根川沿岸にある印西市の中心地区。利根川水運の河港,木下 (きおろし) 街道の宿場町として栄えた。農村地域の中心をなしていたが,近年東京のベッドタウンとして宅地化が進んでいる。

大森
おおもり

東京都大田区東部の地区。旧区名。海岸低地の東海道沿いに商店街や工場地帯が続く。 JR京浜東北線京浜急行電鉄本線,空港線第一京浜 (国道 15号線) が南北に通り,環状7号線が東西に横切る。 JR大森駅北端の大森貝塚 (史跡) は日本考古学の発祥地として有名。

大森
おおもり

島根県中部,大田市西部の集落。旧町名。 1956年大田市に編入。かつての石見銀山所在地 (史跡) で古い鉱山町として知られる。慶長年間 (1596~1615) 以来銀山として繁栄。寛永年間 (24~44) までの最盛期には数万に及ぶ鉱山労働者がいたといわれ,近くの温泉津 (ゆのつ) 港は銀の輸送起点であった。江戸時代には幕府直轄の天領となり代官所がおかれていた。甘藷栽培を奨励して飢饉を救った代官井戸平左衛門をまつる井戸神社,500体の羅漢像がある羅漢寺,国の重要伝統的建造物群保存地区の大森町並みなどがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おおもり【大森】[地名]

東京都大田区東部の地名。東京湾岸は浅草海苔(のり)の産地であったが、現在は埋め立て地。もと東京市の区名。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

大森【おおもり】

東京都大田区の旧大森区地域。東京湾に面し,かつてノリの産地であったが,埋立のため消滅。JR大森駅周辺に商店街が発達,その外側に中小工場が密集し,海岸沿いには大工場が立地。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

おおもり【大森】

東京都大田区東部の地名。旧区名。住宅と商工業の混在地域。昭和初めまで浅草海苔のりの主産地。

おおもり【大森】

姓氏の一。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大森の言及

【大田[市]】より

…1954年大田,久手(くて)2町と長久,鳥井,波根東,川合,静間,久利6村が合体,市制。56年五十猛(いそたけ),大屋2村と大森町を編入。人口3万5333(1995)。…

※「大森」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大森の関連情報