コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米満達弘 米満達弘

2件 の用語解説(米満達弘の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

米満達弘

男子レスリング選手。1986年8月5日生まれ、山梨県富出身。168センチ、66キロ、陸上自衛隊朝霞駐屯地・自衛隊体育学校所属(階級:三等陸尉)。山梨県立韮崎工業高等学校拓殖大学政経学部卒。2008年、「全日本学生選手権」フリースタイル66キログラム級で優勝し、文部科学大臣杯を獲得。09年、「ヤシャ・ドク国際大会」優勝、「世界選手権」3位。11年の「世界選手権」では、日本人として16年ぶりとなる銀メダルを獲得。12年8月、ロンドン五輪に出場、1988年ソウル五輪における小林孝至・佐藤満の金メダル以来24年ぶりとなる金メダルを獲得した。これは、日本の夏季五輪史上、通算400個目のメダルであり、また130個目の金メダルとなった。

(2012-08-17)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

米満達弘 よねみつ-たつひろ

1986- 平成時代のレスリング選手。
昭和61年8月5日生まれ。種目はフリースタイル66kg級。レスリングは高校ではじめ,韮崎工業高3年時,インターハイ2位,国体優勝。拓殖大にすすみ,平成20年世界学生選手権,全日本選手権のフリースタイル66kg級で優勝。21年自衛隊体育学校に入る。同年世界選手権で銅メダル。22年アジア大会で金メダルを獲得し,同年世界選手権で銀メダル。23年全日本選抜選手権を3連覇。24年ロンドン五輪では日本男子レスリングで24年ぶりとなる金メダルを獲得した。長い手足と柔軟性が特長。自衛隊での階級は3等陸尉。27年現役引退。山梨県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

米満達弘の関連キーワード八田一朗国際レスリング連盟村田諒太FILAスタンドレスリング笹原正三近江谷杏菜伊調千春湯元健一日本レスリング協会

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

米満達弘の関連情報