粒径分布の法則(英語表記)laws of grain size distribution

法則の辞典「粒径分布の法則」の解説

粒径分布の法則【laws of grain size distribution】

粉粒体の大きさの分布に含まれる法則性を見いだすために,横軸に粒(もしくはその関数),縦軸に分布量の累積値をとってプロットしたときに,直線性が得られる.ロジン‐ラムラーの法則*ゴーダン‐シューマンの法則*などのほか,対数正規分布式や正規分布式も利用される.

ロジン‐ラムラーの法則は篩上残分の累積度 R は粒径 x と,Ra・exp(-bxn)の関係があるというものである.ゴーダン‐シューマンの法則では,粉粒体の径を x,累積頻度を y としたとき,この間には y=100(x/bn の関係が成立するという.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android