コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粒径分布の法則 laws of grain size distribution

1件 の用語解説(粒径分布の法則の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

粒径分布の法則【laws of grain size distribution】

粉粒体の大きさの分布に含まれる法則性を見いだすために,横軸に粒径(もしくはその関数),縦軸に分布量の累積値をとってプロットしたときに,直線性が得られる.ロジン‐ラムラーの法則*ゴーダン‐シューマンの法則*などのほか,対数正規分布式や正規分布式も利用される.

ロジン‐ラムラーの法則は篩上残分の累積度 R は粒径 x と,Ra・exp(-bxn)の関係があるというものである.ゴーダン‐シューマンの法則では,粉粒体の径を x,累積頻度を y としたとき,この間には y=100(x/bn の関係が成立するという.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

粒径分布の法則の関連キーワード超幾何分布ホンメッシュ合法則性液体サイクロンヴィーンの分布法則ゴールトシュミットの法則スケーリング則(物理)粉砕の分布法則ワイブル分布

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone