コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粗面組織 そめんそしき trachytic texture

1件 の用語解説(粗面組織の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

粗面組織

火山岩の石基の中の短冊状の長石が密接して互いに並んで流れるように配列した組織.配列の方向は熔岩の流動方向によって生じたものである.この長石を薄い細片状のサニディンに限定することがある[Johannsen : 1931].完晶質または半晶質の石基の中で,微結晶質(microcrystalline)の短冊状の長石が平行に近く配列したもので,班晶の周囲を取り囲んでいる.粗面岩質の組成をもつ岩石に限定する必要はない[MacKenzie, et al. : 1982, Bowes : 1989].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

粗面組織の関連キーワード讃岐岩長石質オルソフィリックミクロリテンフィルツ毛氈状組織流紋石英安山岩スマコ岩ダンカライト

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone