完晶質(読み)カンショウシツ

世界大百科事典 第2版の解説

かんしょうしつ【完晶質 holocrystalline】

火成岩が完全に結晶のみからなり,ガラスを含まないことを表す用語。マグマが地表近くまで上昇せずに地下でゆっくり固結してしまった場合にできやすく,斑レイ岩,花コウ岩などはその例にあたる。火山岩でも結晶化の進行の速い玄武岩では石基にガラスがほとんどない完晶質の岩石ができることがある。【宇井 忠英】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんしょうしつ【完晶質】

岩石の結晶度を表す語。すべて結晶から成りガラスを含まない。深成岩に普通にみられる。 ⇔ ガラス質

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かんしょう‐しつ クヮンシャウ‥【完晶質】

〘名〙 鉱物の成分に関係なく、全体が結晶質の集合からなる組織。主に火成岩についていい、ガラス質に対応する。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android