粘土質(読み)ネンドシツ

岩石学辞典の解説

粘土の粒度の鉱物粒子または粘土鉱物で構成されている堆積岩に一般的に用いられる語[Lyell : 1835].粘土鉱物にはカオリナイト,モンモリロナイト,ハロイサイトなどがある.この語は泥,粘土,頁岩,マール,風成砂塵などが含まれる.この岩質の岩石は一般に堆積岩起源で,変成作用を受けると雲母類が形成されやすく,鉱物組成が変化しやすい.clayey, lutaceous, pelitic, pelolithicはすべて同義.ラテン語のargillaは粘土の意味.イリオジェナス(ilyogenous)[Renvier : 1882].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 土の性質のうち、粘土を多く含んでいるもの。〔鉱物字彙(1890)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

粘土質の関連情報