コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塑性流動 そせいりゅうどう plastic flow

2件 の用語解説(塑性流動の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塑性流動
そせいりゅうどう
plastic flow

一定限度をこえる応力を受けた物質に生じる不可逆的変形。たとえば生ゴムや粘土は水飴と違い,流動的に変形はするがそれにはある程度以上の外力が必要である。これが塑性流動の現象で,金属のような結晶質物質でも,条件によってはこの性質を示す (→超塑性 ) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

塑性流動

流体の速度が流れと直角の方向に変化するとき,粘性のために速度差をなくするような接線応力が現れる.この際に壁と直角方向の速度変化が接線応力の成分と比例するものをニュートン粘性といい,この法則に従う流動をニュートン流動という.これに従わないものが塑性流動で,塑性流動では応力がある降伏値を超えたときに流動が起こる場合がある.岩石は高温では塑性変形をしやすくなり,ついには流動性をもち熔融体となる.岩石が流動する場合に限らず,岩体としては塑性流動により変形することが観察されている.すべてのマグマニュートン液体の振舞を行うわけではなく,マグマは高分子化して数%以上の結晶を含むと非ニュートン液体,例えばビンガム流体(Bingham flow)のような振舞をする[Spera : 1980].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

塑性流動の関連キーワード高速気流動圧連続の方程式横地性止弁光磁気効果ストークスの流れの関数フィッツジェラルド‐ローレンツ短縮ベルヌーイ効果(流体力学)インスイング

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

塑性流動の関連情報