コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

層流 そうりゅうlaminar flow

翻訳|laminar flow

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

層流
そうりゅう
laminar flow

流れの中で,流体の各部分が互いに混り合うことなく流れるものをいう。粘性の作用が大きいとき,すなわち流れのレイノルズ数が比較的低いときは,流れは層流の状態に保たれるが,レイノルズ数がある臨界値をこえると,流れは不安定になり,流体の各部分が乱雑に混り合う乱流に移行する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そう‐りゅう〔‐リウ〕【層流】

低速で流れる粘性の流体にみられる層状をなす流れ。流線が規則正しい形をしている。→乱流

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

層流【そうりゅう】

不規則な変動を含まない定常な流れ。乱流に対する語。流れのようすは,流れの方向にのびる層または管を並べたような形になるが,各層または管の中の流速は互いに異なっていてもよい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

層流

 粘性流,粘性流動ともいう.粘度のある液が比較的細い管の中を流れるとき,早く流れる部分と遅く流れる部分が複数の層をなす場合がある.この現象.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

そうりゅう【層流】

流体の隣りあう部分が混ざりあうことなく流線が規則正しい形を保つ流れ。流速が小さく、粘性の作用が大きいときにみられる。 ↔ 乱流

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

層流
そうりゅう

一様な水の流れの中に円柱を置いてみる。流速が小さいと、水は物体を迂回(うかい)しつつ一様なまま定常的に流れていく。このとき水の流線は交わらない。このような流れを層流という。流速をあげていくと、物体の後ろ(下流)側に流線の閉じた渦が発生するようになる。さらに流速をあげると、発生した渦は円柱からはがれて、全体の流れに沿って下流側へ流されていくようになる。この状態を乱流の発生とよぶ。しかし、円柱からすこし離れたところでは流れは定常的で、流線は規則正しい形をしており層流の状態を保っている。乱流が発生すると物体への抵抗が大きくなる。したがって、船や飛行機は乱流が発生しにくいように設計されており、それを流線形とよぶ。魚を上から見ると流線形であることがよくわかる。[池内 了]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の層流の言及

【管】より

…しかし実際には,管壁との摩擦によって壁近くでは遅く,管の中央で最も速く流れる。その速度分布は,流れが層流か乱流かによって大きく変化する。平均流速,内径d,流体の密度ρ,流体の粘性率μから計算されるレーノルズ数Re=ρd/μが小さい(約2300以下)ときは,管内の流れは層流となり,図-aに示すように放物線状の速度分布となる(最大速度は平均速度の2倍)。…

【乱気流】より

…乱流とは流体力学上の用語で,流体の各部分が平均流のまわりに不規則な運動をしながら流れる状態をいう。これに対して各部分が規則正しく流れる状態を層流という。層流から乱流への転移は,臨界レーノルズ数を超えたときに起こることが知られている。…

【乱流】より

…このように規則性の乏しい流れを一般に乱流と呼ぶ。乱流に対比して,いわゆる流線形物体のまわりに実現される規則性の強い流れを層流laminar flowという。しかし,このような流れの分類は必ずしも確固たるものではなく,自然現象や各種の工学的機器内外で見られる流れにおいては,その不規則性の程度に大きな差異がある。…

※「層流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

層流の関連情報