コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

精子形成 せいしけいせい

家庭医学館の解説

せいしけいせい【精子形成】

 睾丸(こうがん)の精細管内(せいさいかんない)で精子になる細胞のもっとも未熟なものが精祖細胞(せいそさいぼう)で、これから精母細胞(せいぼさいぼう)になり、精子細胞(せいしさいぼう)を経て、精子へと成熟する過程を、精子形成といいます。第一次から第二次精母細胞への減数分裂(げんすうぶんれつ)で、染色体は半数になります。精祖細胞から精子になるのに、ヒトでは74日かかるといわれています。

出典 小学館家庭医学館について 情報

精子形成の関連キーワード下垂体性ゴナドトロピン分泌亢進症男子性腺(精巣)機能不全下垂体前葉機能低下症生殖腺刺激ホルモン卵胞刺激ホルモン睾丸炎(精巣炎)ビタミンA欠乏性腺機能低下症セルトリ細胞雄性ホルモン放射線障害染色体異常外山亀太郎老化現象生殖器官Y染色体停留睾丸精細胞下垂体間細胞

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

精子形成の関連情報