コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

精子形成 せいしけいせい

1件 の用語解説(精子形成の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

せいしけいせい【精子形成】

 睾丸(こうがん)の精細管内(せいさいかんない)で精子になる細胞のもっとも未熟なものが精祖細胞(せいそさいぼう)で、これから精母細胞(せいぼさいぼう)になり、精子細胞(せいしさいぼう)を経て、精子へと成熟する過程を、精子形成といいます。第一次から第二次精母細胞への減数分裂(げんすうぶんれつ)で、染色体は半数になります。精祖細胞から精子になるのに、ヒトでは74日かかるといわれています。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

精子形成の関連キーワード高精細テレビ睾丸精細管精巣副睾丸高精細度テレビジョン細精管精細精細胞高精細

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

精子形成の関連情報