コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

精神神経症 セイシンシンケイショウ

デジタル大辞泉の解説

せいしん‐しんけいしょう〔‐シンケイシヤウ〕【精神神経症】

神経症のうち、感情状態が身体症状の形をとって現れる器官神経症以外のもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の精神神経症の言及

【現実神経症】より

…S.フロイトの提唱した精神分析の概念。彼は神経症を現実神経症と精神神経症とに区別したが,小児期からの心理的葛藤ではなく,現実の性的活動が不適切なことによる生理的緊張の集積の結果,自律神経症状や情動障害を呈する一群があると考え,それを現実神経症とした。これには神経衰弱と不安神経症が含まれ,神経衰弱は過剰な性活動のため,不安神経症は性的興奮が十分に発散されないための中毒と考えられ,のちに心気症もこれに加えられた。…

※「精神神経症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

精神神経症の関連キーワードバセドウ病(グレーブス病)血栓性血小板減少性紫斑病レックリングハウゼン病遅延型フードアレルギー肝性脳症(肝性昏睡)過敏性大腸症候群小児難治性肝疾患ベーチェット病クワシオルコルナイアシン欠乏強迫神経症放射線宿酔更年期障害ビスマス剤現実神経症精神療法誘惑理論ペラグラ精神障害肝性昏睡

精神神経症の関連情報