コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

強迫神経症 きょうはくしんけいしょうobsessive compulsive neurosis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

強迫神経症
きょうはくしんけいしょう
obsessive compulsive neurosis

強迫症状を主症状とする神経症。不愉快な感情や非現実的想念が起り,その不合理性や非現実性は理解できるが,その理解に基づいて否定すればするほどさらに強く迫ってきて,どうにも処理できない状態に陥る。多くは不安感を伴い,自覚的にも病的と感じられる。たとえば戸締りやガス栓などを何回も確かめないと気がすまない確認強迫などはよくみられるものである。こういう症状を強迫症状 (あるいは強迫症候群) と呼び,健常者にもよくみられるが,それが精神的活動を束縛し,日常生活を妨げるようになった状態である。 10~20歳代に好発する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きょうはく‐しんけいしょう〔キヤウハクシンケイシヤウ〕【強迫神経症】

強迫性障害

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

強迫神経症【きょうはくしんけいしょう】

神経症ノイローゼ)の一種。不眠,不安といった症状のほかに特に強迫観念を主とし,危惧(きぐ)の解消を求めて強迫的くり返しに陥る。
→関連項目アライグマ症候群暗示療法抗鬱剤神経質精神分析療法パニック障害反動形成

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょうはくしんけいしょう【強迫神経症 obsessive‐compulsive neurosis】

強迫思考や強迫行為に悩んでいる状態で,精神病や脳器質性の障害を否定することができる場合をいう。強迫神経症という名称を理論的な根拠に基づいて使用したのはS.フロイトである。彼以前には,パラノイアと強迫状態との類似がもっぱら考えられており,フロイトがはじめて強迫とヒステリーとの共通点をあげて,これを神経症とみなしたのである。森田正馬は,強迫神経症をも彼のいう神経質の中に含め,その成立機制は,狭義の神経質の場合と同じく,ヒポコンドリー性基調と精神交互作用とからなるとする。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きょうはくしんけいしょう【強迫神経症】

神経症の一。自分で不合理だと思う考えや行為につきまとわれ、それを抑制することが困難な症状。 OCD 。 〔神経症という用語を避けて強迫性障害ともよばれる〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

強迫神経症
きょうはくしんけいしょう

非条理であることを患者自身よく知っているある観念(強迫観念)が意識を占有してしまい、そのばからしさに気づいて中断しようとするができないところから、正常な理性的判断とこの病的意識との闘いに悩み苦しむノイローゼの一種。器官神経症と区別し、精神神経症の一つとされている。強迫観念は、つまらない考えであることがわかっていながら頭にこびりつき、それを払いのけよう、あるいは忘れようとすればするほど、かえってより強く意識されるようになり、どうにもならない状態になるもので、強迫神経症では、患者はこの葛藤(かっとう)から逃れるために、ばからしさ、無意味さを承知しながら強迫的にある行動を繰り返す場合が多い。たとえば、手指に病原菌がついているのではないかという異常な観念のために、始終手を洗うといった強迫行為を繰り返すことなどがみられる。
 このように、強迫症状は強迫観念と強迫行為とに区別できるが、両者は互いに対(つい)をなすものが多い。単独にみられる場合には、しばしば脳障害の症状であることがある。[懸田克躬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の強迫神経症の言及

【アンビバレンス】より

…もし愛しか存在していないなら,恋人が別の人に走っても,その幸福を願うはずだから。このような自責や嫉妬は一応正常のうちに入れてもいいが,恐怖症や強迫神経症などの症状は,アンビバレンスを解決しようとする失敗した試みと考えられる。たとえば動物恐怖は,父親なら父親に対する憎しみを抑圧してある種の動物に振り向け,その動物の復讐を恐れているのである。…

【神経症】より

…さまざまな身体的愁訴がみられる。(3)強迫神経症 強迫思考,強迫行為などの強迫体験を主症状とする。すなわち,不合理でばかばかしいと知りながら,ある思考や行為を繰り返さずにいられない。…

【ねずみ男】より

…S.フロイトによって,1909年《強迫神経症の一例に関する考察》と題して発表された論文で報告されている神経症者の別名。この症例は強迫神経症の精神病理の理解に重要な意義をもつ。…

※「強迫神経症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

強迫神経症の関連キーワードヴィクトル・エーミール ゲープザッテル神経症性障害引きこもり脱感作療法不安神経症懸田克躬思考障害高橋順子ねずみ男国民性OCD恐怖症DBS岸田秀衝動書痙退行

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

強迫神経症の関連情報