コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糊入れ ノリイレ

2件 の用語解説(糊入れの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

のり‐いれ【×糊入れ】

糊を入れておく容器。
糊入れ紙」の略。
香箱の小形のもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

糊入れ
のりいれ

糊入れ紙の略。色を白くするために米糊を入れて漉(す)いた近世の杉原紙のことで、中世にはこれを加えずに漉いていた。また、甲斐(かい)国市川大門(山梨県西八代(にしやつしろ)郡市川三郷町市川大門)や西嶋(南巨摩(みなみこま)郡身延(みのぶ)町西嶋)で漉かれた肌好(はだよし)紙、本判(ほんばん)と称する米の粉を加えて抄造した奉書紙も糊入れと通称した。
 また製本用語では、製本工程で見返しに糊を引き表紙と密着させることをいう。[町田誠之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

糊入れの関連キーワード油壺茶入れ糊入れ紙筆箱水入れ炭取り文箱ブリック容器水差しバッカン

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone