コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糖尿病性白内障 とうにょうびょうせいはくないしょうdiabetic cataract

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

糖尿病性白内障
とうにょうびょうせいはくないしょう
diabetic cataract

糖尿病に伴って起こる白内障糖尿病患者はインスリンの働きが悪いため,水晶体内に取り込まれたブドウ糖が利用しきれずに「ソルビトール」という異質な糖分となり,「クリスタリン」という結晶を生じて白濁するために白内障になる。約 10%の患者に合併する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の糖尿病性白内障の言及

【白内障】より

…被曝量によっても異なるが,数ヵ月から数年の間に水晶体の混濁が始まる。(f)全身疾患に伴う白内障 糖尿病患者にしばしば白内障が生じ,糖尿病性白内障という。通常2種類のタイプがある。…

※「糖尿病性白内障」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android