糟・滓・粕(読み)かす

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙
① 液体をこしたあとに残った不純物。おり。おどみ。〔十巻本和名抄(934頃)〕
② 酒のもろみを醸(かも)し、液汁をこして残るもの。酒のかす。〔十巻本和名抄(934頃)〕
③ よい所を取り去ってあとに残ったもの。くず。つまらぬもの。のこりくず。不用なもの。
※法華義疏長保四年点(1002)四「五千の人は中道の真味を失ひて、但、断常の糟(カス)を得たらく耳(のみ)
※暗夜行路(1921‐37)〈志賀直哉〉四「腹からは信じきれない何か滓(カス)のやうなものが」
④ 人をののしっていう語。
※譬喩尽(1786)二「糟(カス)(こっぱ)の二言は皆在沢山而令卑語也」
⑤ 花合わせで、一点札。かすふだ。
※歌舞伎・猿若万代厦(1786)三立「おいらがめくりを引いて居りゃアかすに来る」
[2] 〘接頭〙 人を表わす語の上に付けてののしる気持をつけ加える。「かす客」「かす公家」「かす芸者」「かす侍」「かす通」「かす禰宜(ねぎ)」「かす売女(ばいた)」「かす奴」「かす野郎」「かすわっぱ」など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android