コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志賀直哉 しが なおや

10件 の用語解説(志賀直哉の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

志賀直哉

小説家。宮城県生。東大英文科中退。武者小路実篤らと『白樺』を創刊、『網走まで』以下の短篇を発表。また『中央公論』に『大津順吉』を発表、作家的地歩を築く。作品は私小説心境小説呼ばれるものが多いが、その文体は近代散文の典型として高く評価されている。代表作に『城の崎にて』『暗夜行路』等がある。文化勲章受章。昭和46年(1971)歿、88才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しが‐なおや〔‐なほや〕【志賀直哉】

[1883~1971]小説家。宮城の生まれ。武者小路実篤らと雑誌「白樺」を創刊。強烈な自我意識と簡潔・明晰(めいせき)な文体によるリアリズム文学の傑作を書いた。文化勲章受章。小説「城の崎にて」「和解」「暗夜行路」「灰色の月」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

志賀直哉【しがなおや】

小説家。宮城県生れ。東大国文科中退。祖父直道の影響下に育った。1900年から約7年内村鑑三門下であったが,霊肉の相克に悩みキリスト教を離れた。1910年学習院時代からの友人武者小路実篤らと《白樺》を創刊,《網走まで》を発表。
→関連項目阿川弘之尾崎一雄城崎[町]金鶴泳白樺派滝田樗陰私小説

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

志賀直哉 しが-なおや

1883-1971 大正-昭和時代の小説家。
明治16年2月20日生まれ。志賀直温(なおはる)の次男。祖父直道の影響下にそだつ。明治43年武者小路実篤(むしゃのこうじ-さねあつ)らと「白樺」を創刊。父と対立しながら,自我肯定にもとづく「大津順吉」「范の犯罪」などを発表。大正6年父と和解し,「城の崎にて」「和解」などをかく。昭和12年唯一の長編「暗夜行路」を完成。24年文化勲章。芸術院会員。昭和46年10月21日死去。88歳。宮城県出身。東京帝大中退。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

志賀直哉

没年:昭和46.10.12(1971)
生年:明治16.2.20(1883)
明治から昭和の小説家。宮城県牡鹿郡石巻町に,第一銀行石巻支店勤務の志賀直温,銀の次男として生まれる。長男は死亡していたので実質的には長男として生育,この事実は長男の文学ともいうべき性格をその文学に与えている。生まれて2年後に一家上京,学習院中等科時代に母を失う。高等科を経て明治39(1906)年東京帝大英文科入学。同43年退学し,武者小路実篤らと『白樺』を創刊,「網走まで」を発表した。父との対立を「大津順吉」(1912),「和解」(1917)で描くとともに「城の崎にて」(1917),「小僧の神様」「焚火」(ともに1920年)など,短編の名作を書いた。夏目漱石の依頼で朝日新聞に連載予定の「時任謙作」が書けず,それはのち「暗夜行路」(1921~37)という近代日本屈指の長編に結実した。主人公時任謙作の強烈な自我は,好悪の感情がそのまま善悪の判断となる志賀文学の特徴を如実に示しているといえよう。小説の神様ともいわれ,芥川竜之介の賛仰や太宰治の反発など文壇に強い影響を与えた。私小説,心境小説の作家とみられているが,初期の「剃刀」,「正義派」(1912),「濁った頭」,「清兵衛と瓢箪」「范の犯罪」(ともに1913年)など客観小説の秀作にも注目すべきだ。<参考文献>本多秋五『志賀直哉』上下

(平岡敏夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

志賀直哉

阿川弘之による評伝。日本近代文学の父、志賀直哉の生涯を描く。上下2巻。1994年刊行。同年、第47回野間文芸賞受賞。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しがなおや【志賀直哉】

1883‐1971(明治16‐昭和46)
大正・昭和期の小説家。宮城県石巻に生まれ,東京山手で育つ。父直温(なおはる)は慶応義塾出身の実業家。直哉に強い影響を与えた祖父直道は旧相馬藩の家臣。長男夭折のため次男直哉は祖母留女(るめ)の手で育てられた。学習院時代より内村鑑三の教会に通い,渡良瀬川の鉱毒事件被害地視察のことより父と対立。また落第したため武者小路実篤らと同級となる。1906年学習院から東大に進んだが中退。武者小路や木下利玄らと回覧雑誌を発行,これが下級の里見弴や柳宗悦らに影響を与え,10年4月《白樺》の創刊となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しがなおや【志賀直哉】

1883~1971) 小説家。宮城県生まれ。東大中退。武者小路実篤らと「白樺」を創刊。父親との確執により作家としての主体を確立、強靭きようじんかつ純粋な自我意識と明晰めいせきな文体によって、独創的なリアリズム文学を樹立した。代表作「大津順吉」「城の崎にて」「和解」「暗夜行路」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

志賀直哉
しがなおや

[生]1883.2.20. 宮城,石巻
[没]1971.10.21. 東京
小説家。学習院高等科を経て 1906年東京大学英文科,08年国文学科に進み,同年『或る朝』を書き,10年大学を中退して『白樺』の創刊に参加,『網走まで』を発表。その後,自己の生の確立を目指した『大津順吉』 (1912) ,『城 (き) の崎にて』,父との長い不和とその解消までを描いた『和解』 (17) ,『小僧の神様』 (20) などで文壇的地位を確立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

志賀直哉
しがなおや
(1883―1971)

大正から昭和にかけての代表的小説家。明治16年2月20日、父の赴任地の宮城県石巻(いしのまき)に生まれ、東京の山手(やまのて)の麻布(あざぶ)で育つ。父とは対立、旧相馬(そうま)藩出身の祖父を敬愛し、祖母とは愛憎の起伏甚大であった。学習院時代に武者小路実篤(むしゃのこうじさねあつ)、木下利玄(りげん)を知り、生涯の友人となる。内村鑑三その人の影響を受け、新宿角筈(つのはず)の内村の教会に通う。また歌舞伎(かぶき)、娘義太夫(むすめぎだゆう)に熱中、近松、西鶴(さいかく)や泉鏡花などの作品に親しみ、イプセン、ゴーリキー、モーパッサンなどの作品を英訳で読む。東京帝国大学に進んだが中退。1908年(明治41)武者小路らと回覧雑誌を始め、『網走(あばしり)まで』などを書く。学習院下級の里見(とん)らや柳宗悦(やなぎむねよし)らの回覧雑誌と合併、10年4月『白樺(しらかば)』を創刊。大正文学の出発点の窓がこの『白樺』により開かれる。
 初期の志賀作品のなかには、『剃刀(かみそり)』『老人』『正義派』『クローディアスの日記』『清兵衛(せいべえ)と瓢箪(ひょうたん)』はじめ多様な技法を用いた客観小説の流れと、自己と肉親および友人をモデルに用いた私小説の流れとが入り交じって展開。さらに『濁つた頭』(1911)などに象徴されるようなキリスト教の戒めと性欲との葛藤(かっとう)を苦しみながら描いた。あくまでも自己内部の自然、その内発性を尊重、大胆に肉体の自然に従い、ときにはアナーキーな要素を含みながらも、自己を制御し、美と倫理との一致を図るべく努めた。1912年(大正1)9月『中央公論』に『大津順吉』を発表、最初の原稿料を得た。この作品にも恋愛を契機として展開する家との戦いがあり、4年前の主人公の体験が下敷きとなっている。のち尾崎一雄がこの小説を読み、大いに感動し、志賀直哉への師事の第一歩となる。
 この年、父との対立がもとで広島県尾道(おのみち)に一時居住、『大津順吉』の延長線上の物語を書こうとするが果たせず帰京。第一創作集は祖母の名をとり、祖母に捧(ささ)げた『留女(るめ)』(1913)で、山手の青年の神経の過敏な短編作品を収録している。1914年、武者小路実篤の従妹勘解由小路康子(かでのこうじさだこ)と家の反対を押し切って結婚、京都や赤城(あかぎ)などにしばらく住む。姦通(かんつう)の問題を心理的に描いた客観小説『范(はん)の犯罪』(1913)などを書き、3年ほど創作を中止、千葉県手賀(てが)沼のほとり我孫子(あびこ)に移住。当時の我孫子には柳宗悦、武者小路、バーナード・リーチや中勘助(かんすけ)なども住み、『白樺』村的雰囲気が濃厚であった。志賀はその生涯において転居二十数回、居住した場所場所に材をとった名作を発表している。
 中期の志賀の創作活動は1917年より再開、城崎(きのさき)温泉での静かな療養生活のなかで、生きることと死ぬことの意味を小動物に托して凝視した心境小説の代表作『城の崎(きのさき)にて』、我孫子生活のなかより生まれた『好人物の夫婦』、講談の伊達(だて)騒動を遠景に置きつつ、ユーモアに満ちた温かい間者(かんじゃ)の心理を描いた『赤西蠣太(かきた)』、長年にわたった父との争いが一挙に和解した直接的な喜びを率直に表明した『和解』などを発表、大正期の代表的な中堅作家となる。またバーナード・リーチ装丁の短編集『夜の光』(1918)を刊行。広津和郎(かずお)の古典的な『志賀直哉論』(『作者の感想』所収・1920)もこの時期に書かれ、見るべきものを正確に見抜く肉眼の作家志賀のイメージが定着した。また『大津順吉』『和解』とは異なった視点より描いた『或(あ)る男、其(その)姉の死』(1920)を唯一の新聞小説として連載。芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ)も敬服した『焚火(たきび)』には、静かで勁(つよ)く、親愛に満ちた東洋的詩精神が表れている。『真鶴(まなづる)』や『小僧の神様』も大正文学の名短編である。それらの短編群にあわせて、1921年、長編小説『暗夜行路(あんやこうろ)』が『改造』に連載され始め、その前編はひとまず完結したが、後編はすこぶる難渋、幾度もの断絶を繰り返しながらも、37年(昭和12)4月、ついに完結。小林秀雄、河上徹太郎(てつたろう)、谷川徹三らより賛辞が寄せられ、近代文学史上の不朽の名作となる。その間に我孫子から京都、山科(やましな)を経て奈良に転居。『雨蛙(あまがえる)』『山科の記憶』などの短編集を刊行した。『白樺』初期の西洋美術への関心はやがて東洋美術への関心に移行、当時の美術図録としてきわめて著名な『座右宝(ざうほう)』を編集して刊行。これもいわゆる普通の美術史にとらわれず、自己の肉眼による美意識にあくまでも執着したものである。周辺には滝井孝作、尾崎一雄、網野(あみの)菊、直井潔(きよし)、島村利正(としまさ)、藤枝静男、阿川弘之(ひろゆき)らが集まり、「志賀山脈」を成形。しかし、その私小説性や、伊藤整のいう調和的な「人格美学」的ありように対して、太宰治(だざいおさむ)、織田作之助(おださくのすけ)らの反発もあった。第二次世界大戦後は『灰色の月』『朝顔』『山鳩(やまばと)』など簡潔にして奥行の深い短編を発表。その影響の点では近代作家のなかでは随一の存在である。1941年(昭和16)芸術院会員、49年(昭和24)文化勲章受章。熱海(あたみ)から東京・渋谷に居を移し、悠然とした晩年を送り、昭和46年10月21日、88歳で死去。青山墓地に葬られる。[紅野敏郎]
『『志賀直哉全集』15巻・別巻1(再刊・1983~84・岩波書店) ▽本多秋五著『「白樺」派の文学』(1954・講談社/のち新潮文庫) ▽安岡章太郎著『志賀直哉私論』(1968・講談社) ▽高橋英夫著『志賀直哉 近代と神話』(1981・文芸春秋)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の志賀直哉の言及

【暗夜行路】より

志賀直哉の長編小説。1921‐37年(大正10‐昭和12)《改造》に断続連載。…

【城の崎にて】より

志賀直哉の短編小説。1917年(大正6)《白樺》に発表。…

【シェークスピア】より

… 大正から昭和初期にかけて,演劇界の主流が,イプセンを皮切りに思想性を重んずる写実的な方向に転ずるにつれて,シェークスピアは時代に取り残された趣があった。文学への影響も,たとえば志賀直哉の《クローディアスの日記》(1912)など,《ハムレット》を題材にした二,三の創作があるが,これも素材となったというにすぎない。第2次大戦後の新劇復興とともにシェークスピアの戯曲はレパートリーの中に確実な位置を占めたが,まだ教養主義的な外面的摂取の域を越えることがなかった。…

※「志賀直哉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

志賀直哉の関連キーワード宮城県牡鹿郡女川町石浜宮城県牡鹿郡女川町出島宮城県牡鹿郡女川町江島宮城県牡鹿郡女川町尾浦宮城県牡鹿郡宮城県牡鹿郡女川町清水町宮城県牡鹿郡女川町竹浦宮城県牡鹿郡女川町塚浜宮城県牡鹿郡女川町針浜宮城県牡鹿郡女川町横浦

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

志賀直哉の関連情報