コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀伊国造 きのくにのみやつこ

世界大百科事典 第2版の解説

きのくにのみやつこ【紀伊国造】

大化前代,紀伊国北部に置かれた地方官。名草郡に本拠をもつ豪族紀直氏が世襲的に任命された。紀直氏は紀ノ川下流域を開発した地方豪族で,日前(ひのくま)・国懸(くにかかす)両社を奉斎し,祭政両面にわたる勢威を有した。《旧事本紀》《紀伊国造系図》によれば,神武天皇の世,その祖天道根命が当国国造に任ぜられたのに始まるという。《古事記》《日本書紀》にも紀国造もしくはその祖として,宇豆比古(孝元記),荒河刀弁(崇神記),豊耳(神功紀),押勝(敏達紀)らの名が見える。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の紀伊国造の言及

【日前国懸神宮】より

…《日本書紀》《古語拾遺》の天磐戸(あまのいわと)の段では,天照大神が素戔嗚尊の暴状を怒って天石窟(あまのいわや)にこもったとき,思兼神の発案で石凝姥が天香山(あまのかぐやま)の銅をとり,天照大神の神威をかたどる鏡を鋳造した旨を記したあと,〈これすなわち紀伊国にまします日前神〉と記しているが,日前神宮はその日像鏡を,国懸神宮は日矛鏡を御霊代(みたましろ)として奉斎すると伝える。天孫降臨にあたり,この鏡が紀伊国造(きのくにのみやつこ)の祖天道根(あめのみちね)命に授けられたことより神武天皇は天道根命を紀伊国造とし,国造はこの神を名草郡毛見の浜の宮にまつり,垂仁天皇16年に神託により現在地に奉遷,以後紀伊国造家紀氏が奉仕してきたという。686年(朱鳥1)天武天皇奉幣,692年持統天皇も奉幣のあと,806年(大同1)の牒に,神封日前神56戸,国懸神60戸とあるが,授位のことがみられないのは伊勢神宮と同様特別視されてのことであろう。…

※「紀伊国造」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

紀伊国造の関連キーワード豊城入彦命荒河戸畔岩橋千塚紀氏

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android