コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大化前代 タイカゼンダイ

2件 の用語解説(大化前代の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たいか‐ぜんだい〔タイクワ‐〕【大化前代】

日本史上の時代区分の一。大化の改新以前の6、7世紀ころ、従来の氏姓制度がゆきづまり、国家的な官司機構が整えられはじめた大和政権時代末期をいう。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たいかぜんだい【大化前代】

日本史における時代区分。大化の改新を下限として大和朝廷時代末期の六、七世紀をさす。皇室・豪族の連合からなる中央政権が、部民制・氏姓制による地方支配を続けていたが、律令体制につながる官司制の進展もみられる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大化前代の関連情報