コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大化前代 タイカゼンダイ

大辞林 第三版の解説

たいかぜんだい【大化前代】

日本史における時代区分。大化の改新を下限として大和朝廷時代末期の六、七世紀をさす。皇室・豪族の連合からなる中央政権が、部民制・氏姓制による地方支配を続けていたが、律令体制につながる官司制の進展もみられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大化前代の関連キーワード上宮聖徳太子伝補闕記三蔵(みつくら)矢作部・矢矧部靫負・靫部御乳・壬生田荘・田所御田・屯田大和六県靫負部楯縫部部民制弓削部大刀自鍛冶部宰・司石城国伴の緒矢作部蝦夷地日本史

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android