紀年鏡(読み)きねんきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紀年鏡
きねんきょう

紀年銘鏡ともいい,銘文に製作年号など年代を明らかにする文句が含まれている鏡をいう。主として中国鏡についていわれ,紀年の明らかなものは前漢末から後漢,三国,六朝にわたっている。日本発見のものは数が少いが,和歌山県隅田八幡宮蔵,大阪府和泉市黄金塚古墳出土,群馬県芝崎古墳出土,兵庫県森尾古墳出土,山梨県鳥居古墳出土,兵庫県安倉古墳出土,島根県神原神社古墳出土のものが知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android