コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄金塚古墳 こがねづかこふん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黄金塚古墳
こがねづかこふん

大阪府和泉市上代町にある古墳。丘陵の端に造られた前方後円墳で,1950,51年に発掘された。3個の粘土槨があり,鏡,玉,剣,甲冑鉄鏃銅鏃,巴形銅器その他多数の副葬品も発見されたが,なかでも景初3 (239) 年の紀年銘のある鏡はその年代からみて,魏が卑弥呼に贈った 100枚の銅鏡に関係があるのではないかという説もあり,重要な遺物である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こがねづかこふん【黄金塚古墳】

大阪府和泉市上代町に所在する前方後円墳。信太山丘陵の北端に南西面して築かれる。全長85m,後円部径57m,前方部幅34mをはかる。葺石(ふきいし),埴輪を有する。1951年に,末永雅雄が中心となって発掘調査を行い,後円部で主軸に平行する粘土槨3基を検出した。副葬品として,中央槨から中国鏡,玉類,碧玉腕飾類,筒形石製品刀剣,農工具などが,東槨から中国鏡,玉類,鍬形石,筒形石製品,五銖銭,甲冑,刀剣,矛,鉄鏃,盾,巴形銅器,農工具が,西槨から中国鏡,玉類,銅鏃,鉄鏃,甲冑,刀剣がそれぞれ出土した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こがねづかこふん【黄金塚古墳】

大阪府和泉市上代にある四世紀の前方後円墳。後円部の粘土槨から鏡・玉類・車輪石・筒形石製品が出土した。画文帯神獣鏡に景初三年の紀年銘があり、卑弥呼が魏から贈られた鏡という説が有力。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

国指定史跡ガイドの解説

こがねづかこふん【黄金塚古墳】


和泉黄金塚古墳(いずみこがねづかこふん)

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黄金塚古墳
こがねづかこふん

大阪府和泉(いずみ)市上代(うえだい)町にある、墳丘の長さ85メートルの前方後円墳。通称信太山(しのだやま)丘陵北西端にあって、海岸平野や大阪湾を見下ろす景勝の地に地形を利用して築かれている。第二次世界大戦中に墳丘の各所が掘り荒らされたので、末永雅雄(すえながまさお)と森浩一(こういち)が1945年(昭和20)に予備調査を行い、50年と51年に後円部の埋葬施設を発掘した。後円部頂上には3個の粘土槨(ねんどかく)が並置されており、いずれも内部にコウヤマキ製の木棺を納めていた。とくに中央槨の木棺は長さが8.5メートルもあり、その内外から銅鏡、玉類、碧玉(へきぎょく)製品、鉄製刀剣などが出土し、棺外の槨の中に景初(けいしょ)(?)3年銘の平縁(ひらぶち)の神獣鏡があった。景初3年(239)は、卑弥呼(ひみこ)が魏(ぎ)に遣使して銅鏡100面などを与えられた年にあたるが、銅鏡そのものの製作年代については4~5世紀ごろとする説がある。東槨と西槨には甲冑(かっちゅう)を副葬し、東槨には巴(ともえ)形銅器をつけた盾や中国の五銖銭(ごしゅせん)などがあった。[森 浩一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

黄金塚古墳の関連キーワード大阪府和泉市上代町画文帯神獣鏡神原神社古墳和泉(市)伊予親王車輪石紀年鏡

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android